· 

たまには日記らしく

たまには日記らしく、今日あったことを書くことにしましょう。

今日は外来日で8時45分から外来開始。

いつも混むのに、やけにすいていたのは、きっと、この暑さのせいだろう。

珍しく12時に外来終了。

たまには楽させてもらいましょう。

13時から外来で、2週間前に内視鏡的手術をした人への結果説明。

終了後、内視鏡的大腸ポリープ切除術3件施行。

今日は快調で午後の手術もすんなり終了した。

回診を終わらせ、17時過ぎに病院を出る。

ここは大学病院と違って、17時に病院を出れるので、3足の草鞋を履く者にとってはありがたい。

本屋に寄って、「神谷美恵子 聖なる声」、「体にあらわれる心の病気」など3冊を購入。

本を読むのは電車での移動時間くらいだが、よく本は読む。

忙しくても、本を読む時間がなくても、本屋には行く。

読書よりも、本屋に行くことが、趣味なのである。

その後、スポーツクラブに行き、2時間汗を流す。

週に2回はスポーツクラブに行こうと決めたが、軟弱者で平均週1・5回しか行かない。

帰宅、夕食後、メール返信。

原稿チャックを1つ終わらせて、この日記を書いている。

今は23時30分。

これから、気がかりだった20日の講演準備に入らなければ。

この講演は、池袋サンシャイン・ワールドインポートマートで開かれる「よろずあふりかセミナー」で行われるもの。

タイトルは「サバンナが輝く瞬間」で、サバンナの美しい写真がたくさん見れるので、興味のある人はのぞいてください。

写真パネルも10点展示予定です。

ここで友人に会えるのが楽しみ。

しかし、講演は気が重い・・・・・。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。