· 

サファリ日記 空撮編 8月28日

午前は熱が退かず身体がだるいので残念だが空撮は休むことにする。

とにかく休んで午後のフライトにそなえなければ。

昼頃より体調は少しづつ回復。

ところが、天候が思わしくない。

雲が多すぎて光が無い。

最近午後はづっとそんな天気だ。

しかし、一瞬の光を期待して飛ぶ事にする。

あまりにも光がなく暗いため、アレックスが「帰るか、それとも待つか」と聞いてくる。

帰るなんてとんでもない。

「待とう」というと彼は着陸体勢に入った。てっきりロッジの飛行場に着陸するのかと思ったら、道に下りるではないか。

道に穴がないか、でこぼこの状態は?と空中からチェックして着陸した。

ブッシュランディングは多少ゆれたが、まったく恐怖感はなかった。

それもアレックスへの信頼なのだろう。

「こんな所に下りるとは思わなかった」とアレックスに言うと、彼は「俺はブッシュパイロットだから大丈夫」と自慢していた。

ヌーやシマウマが不思議そうにこちらを見ている。

ちょっと不思議な気分だ。

道に座ってしばらく待つことにしたが、一向に天気の回復の気配がない。

やむおえず、引き返すことにする。

途中で林の中でゾウの群れを発見したが、撮影するには少し暗すぎた。

撮影ができないので、密猟者の見回りをしながらロッジに戻った。

アレックスはボランティアで密猟者の見回りもしているのだ。

それにしても光がなくてはどうしようもない。

しかし、これは休めということなのだろう。

それにしても空撮の費用はべらぼうだ。

たしかに飛行機のメインテナンスや燃料、パイロットの技術などを考えれば仕方がないのだろうが、個人でパイロットと飛行機を借り切るととんでもない費用になる。

撮影できれば良いが、できない時にはコストのことを考えて少し焦ってしまう。

お金のことを考えていたら良い写真は撮れないのはわかっているのだが・・・・。

でも今回の空撮のメインはフラミンゴ。

マサイマラが良くなければ、その後のフラミンゴの空撮は良いだろう。

いつもついていることはないし、つかないことが続くこともないのだ。