· 

写真集の構想と2002年2月のツアー予定

「次の写真集」

連載の執筆を3本提出。

ここのところ執筆等で毎日忙しかったので、ちょっと気が抜けてしまった。

珍しくこの1週間は大きな予定は入っていないので、写真の整理と

次ぎの本の構想を練る良いチャンス。

毎日山のようにあるスライドをチェックしなければならなので、

骨の折れる作業だが、楽しみでもある。

今までの撮影シーンを思い出しながら、写真をチェックしていくのは

僕にとって癒される瞬間だ。

写真集のテーマはいくつかあるのだが、どのテーマに絞るか

じっくり考えてみたい。

とにかく早く写真を選んで、売り込みにいかなければ・・・。

「2002年2月のツアーの日程」

来年2月のツアーの日程が決まったので報告します。

出発は2月10日で11日間の予定。

ナクル湖、マサイマラ国立保護区、アンボセリ国立公園などを

まわる。

2月は空が青く、8月よりも写真が撮りやすい。

また、キリマンジャロ山もよく見えるので、僕の好きな季節だ。

草が高いのが難点だが・・・。

今回は、趣向を変えてナイトサファリに挑戦しようかと思っている。

夜のサファリは、昼に見れない夜行性のトビウサギやブッシュベビー

などが見られる。

もしかしたら、ツチブタなどの珍獣に出会えるかもしれない。

くわしくはホームページの「活動」の中の「ツアー」の項目の所に

近日中に載せる予定なので見てください。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。