· 

十二番目の天使

昨日外来に来た患者さんが一冊の本をプレゼントしてくれた。

彼女は僕の「生命」の表現活動を理解してくれているから、

この本を読むように薦めたのであろう。

主人公ジョン・ハーディングは、大きなコンピューター会社の最高経営責任者(CEO)。

野球選手の花形だった彼は、怪我でプロの道をあきらめ、やがて実業界に入り頭角を現し、若くしてその地位についた。

そして頂点にたった矢先に、最愛の奥さんと息子を交通事故で失う。

絶望した彼は死のうとする。

ピストルに手をかけたまさにその時、彼の親友が訪ねて来る。

友人はリトルリーグの監督を要請しにきたのだ。

断りきれずに監督に就任し、リトルリーグは開催される。

そのチームには、まともに捕球もできず、球を打つこともできない少年が一人いた。

その少年は、「毎日毎日自分が進歩していると信じている」と言う。

「僕は絶対、絶対、絶対、絶対、あきらめない」と口にする。

しかし、少年が原因で初戦をおとす。

いつまでたっても1本のヒットも打てない。

それでも全力で取り組んで行く。

成果があがらなくても、必死に立ち向かう彼の姿に、主人公を含め皆が生きる勇気を教えられていく。

実は、少年は脳腫瘍でふらつきや複視(二重に見える)があったのだ。

そして、命が長くないことを自ら知っていた。

最後の決勝戦、少年ははじめて試合を見に来た母(貧しくて働かなければならないので試合を見にこれなった)の前ではじめてヒットを打ち、そのチームを優勝に導く。

最後の試合まで休まずに出場すること、そしてお母さんの前でヒットを打つことが少年の夢だった。

彼はその試合で「最後の輝き」を見せ、その後、倒れ寝たきりになる。

そして幼い命は召されていった。

少年のお母さんは、お墓に次のような碑文をのせた。

「ティモシー・ノーブル・・・・・・1991年4月7日没。

僕は絶対、絶対、絶対、絶対、あきらめなかった」

主人公は、生きる勇気を少年から与えられ、CEOに復帰し、火事のために再建のめどがたっていなかった図書館を建てなおす。

そして、その名前が「ハーディング・ノーブル公立図書館」。

図書館の玄関の壁には2人の男の子の肖像画がかけられている。

少年は決して死んだのではない。

彼の生命は別のところで生きている。

現世でも別のところでも・・・・。

この世で「生きる」うえで大切なことは、長く生きることではなく、「最後まであきらめないで精一杯自分らしく行きぬくことだ」、と作者は言いたいはずだ。

僕とまったく同じ「生と死」の考え方だ。

しかし、人間は弱いもの・・・・。

なかなかこのようには生きられない。

僕は、失敗でくじけそうになったら、この本を開いて読みなおそうと思っている。

この本のタイトルは、「十二番目の天使」である。