· 

緑川洋一さんのこと

写真家の緑川洋一さんが84歳で天寿をまっとうされた。

緑川さんは,僕が1996年に受賞した林忠彦賞の選考委員の一人だった。

岡山県在住で,岡山市には緑川洋一写真美術館がある。

山口県の徳山市(林忠彦の生家がある)での授賞式の帰りに新幹線で岡山までご一緒させていただき、いろいろな話をうかがった。

歯科を開業しながら撮影活動を続けたこと,金曜日の診療が終わってから夜行で撮影地に向い,月曜日の朝に家に戻って診療を開始したこと,常に自分で企画した本を出版していったこと,その本が70冊以上になったこと,初めての海外での撮影の様子,海外での写真集の出版までのいきさつ,緑川洋一写真美術館設立について,家族のこと,病気のことなどさまざまな話をうかがった。

その時すでに80才近くになられていたはずで,大病から回復されたばかりであった。

しかし,その温厚な語り口のなかに熱い情熱をひしひしと感じた。

「素敵な生き方だなあ。緑川さんを見習って頑張れねば」と思ったことをよく覚えている。

歯科医の後を継がれた息子さんが「親父,写真に専念してくれよ」と言って,家を継いでくれたとうれしそうに話をされていた。

やるべきことはみな済ませたので,召されていったのかもしれない。

ご冥福をお祈りする。

仲の良かった故・林忠彦,植田正治さんたちと天国で写真談義に花をさかせていることだろう。

僕が受賞して5年。

その間に選考委員のうち3人が亡くなられた。

僕自身にも大きな変化があった。

5年の月日の重みをつくづく感じている。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。