· 

今日の出来事

今日は月曜日。

月曜日は1週間のうちでもっとも忙しい。

午前中の外来は、40人前後診なければならない。

午後1時からは、2週間前に内視鏡的大腸ポリープ切除術を施行した人の結果説明、その後に内視鏡的大腸ポリープ切除を4件ほどおこなう。

週の初めなので長期入院を要する難しい患者さんが手術に入っているので時間がかかることが多い。

しかし、今日は無難に終わった。

その後、術後回診をおこなって今日の仕事は終了。

夕方、12月1日に浜松でおこなう講演の担当者の小林正樹さんから打ち合わせの電話。

月曜日の夜は、病院の帰りに川崎のスポーツクラブに行くことが多い。

今日も2時間ほど汗を流して、午後9時に帰宅。

運動をすれば肩こりは良くなるし、よく眠れる。

以前は、運動がいやだったが、最近は苦ではなくなってきた。

夕食後、メールのチェック。

慈恵の学生からメールが来ていた。

アフリカツアーにみんなで参加したいとの内容。

文化祭の時にそのような話しも出たが、実際こんなに早く話しが来るとはちょっと驚いた。

僕自身、もっと若い時にアフリカに行っていたら、といつも思っていた。

だからこそ、若い人達、とくにこれから命に携わる後輩達に本当の大自然の摂理を見せたい、いっしょに感動を共有したいという想いがある。

前向きに検討しようと思っている。

セカンドファクトリーからは、スライドショウの新しいものが出来たとのメールがあった。

今回のテーマはサバンナの子どもたちだ。

その後、執筆を少しして、今日は早めに寝ることにする。

明日は医局会なので早くいかなければならない。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。