· 

文楽

15日は文楽鑑賞講座にいってきた。

初めて見る文楽だったが、あまりエネルギーを感じなかった。

文楽は人形を3人で動かし、台詞や情景描写を義太夫がする。

それに三味線が加わる。

人形を動かす3人の調和が大切なだけでなく、義太夫と三味線がまさに三位一体になった時にすごい力を出すのだろうが、全員の調和がとれていなければ、仕事を分担しているだけに力が弱まってしまう。

ここに文楽の難しさを感じた。