· 

ダンサー・イン・ザ・ダーク

今日から3連休。

昼から映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見に横浜に行く。

この映画は、カンヌ国際映画大賞受賞作で、「感動の名作」との誉れ高い映画だ。

「無慈悲なこの現実世界を生きること」、「死」、「親子の愛」、など深いテーマを扱っているのは良くわかった。

言いたいことも良くわかる気がする。

が、ちょっと現実離れした進行に理解が十分に追いつかず、消化不良の感じもいなめなかった。

途中で「ちょっと進行を止めて考えさせてくれ」と言いたい感じだった。

最後は僕の脳が機能停止してしまった。

この映画は、僕にとって考えさせる映画ではあったが、感動を与えてくれるものではなかった。

本ならゆっくり考えながら読めるのだが、映画だとそういうわけにはいかない。

僕の思考には、映画より本のほうが合っているようだ。

その後、茅ヶ崎に寿司を食べに行った。

文化活動にはお金をかけるが、衣食住にはお金をかけない井上家では、服はユニクロ、セシールがほとんどで、外食はサンマルクかサブウェイと相場が決まっている。

食事の内容はすごく気を使っているが、エンゲル係数はとても低い。

唯一の贅沢がこの寿司屋だ(年に数回行くだけだが)。

ここは、あわび、うに、ひらめの昆布じめ、生き車エビ、中トロなど高級品が食べ放題だが、値段は3000円と法外に安いのだ。

2月のアフリカツアーが決定したので、その前にやることが山のようにある。

部屋にこもってひとつずつこなさなければ・・・・・。