· 

情熱

今日は松島クリニックで勤務した後、実家で8時まで働く。

なんとなく調子の出ない1日だった。

疲れ果てて帰ってきたら、妻が良い番組をやっていると言う。

NHKテレビのプロジェクトXという番組だ。

この番組にとても勇気づけられ、心が温かくなるとともに、頑張ろうという気になったのでここに紹介する。

佐賀の田舎に「ここには燦然と輝く文化があった」と言い続け、一人発掘を続けていた高校教師・七田忠志がいた。

彼はその発掘に情熱を傾け、転勤も断ってその地で発掘を続けていた。

多くの論文も書いたが、地方教師の彼の意見には誰も注目しなかった。

家族もあきれ、彼の味方は次男の忠昭だけだった。

そして彼は失意の中で62歳で死んでいった。

バブルの時代、その地に工業団地ができることになった。

その地の遺跡調査の責任者となったのが、県の文化課に勤めていた息子・忠昭であった。

やがて、その地に巨大遺跡が発掘され、日本有数の弥生遺跡であることが判明した。

だが、その時すでに開発のためにブルトーザ-が入ろうとしていた。

息子は父の夢をつなぎたかった。

執念で工事の現場監督に工事を遅らせてもらい、専門家を呼んでその遺跡の価値を認めさせた。

しかし、工事推進派の意見が強く、遺跡の撤去がおこなわれようとしていた。

その時、知事が「発掘の結果を待とう」と言った。

そして日本の歴史を変える「世紀の発見」がなされたのであった。

吉野ヶ里遺跡の発見のエピソードである。

親子の30年にわたる執念と情熱がこの遺跡を残したのであった。

人の心を動かすのは、言葉ではなく、情熱や執念だと思う。

七田忠志さんの47歳の時の顔が何度も出てきたが、僕がメガネをはずした時の顔と父の若かりし頃の顔をたして2で割ったようだと思った。

そして、父を思い出した。

父との共通の想い、それは「自分らしく生きること」、「情熱を持っていきる」ということ。