· 

本中毒

夕食後に妻と古本屋に買出しに出かけた。

僕の講演資料や妻の論文資料などを中心に買いにいったわけだが、資料的な本は、普通の本屋より古本屋にこまめに顔を出したほうが手に入ることがあるから時々出かける。

今日僕が買った本は、「病人と医者の人間学」近藤裕、「人はいかに癒されるか」天外伺朗ら、「魂の絆」マイケル・J・ローズ、「平気でうそをつく人たち」M・スコット・ペック、「人間の土地」サンテグジュペリ、「古代への情熱」シュリーマン、「わたしの生涯」ヘレンケラーなど。

完全に本中毒の僕は、週に3回は本屋に行かないと気がすまない。