· 

京都・花の撮影日記 2日目

今朝はまず京都・西山の山頂にある金剛寺に行く。

狙いはシュウメイギク(キクといっても、菊ではなくキンポウゲ科とのこと)。

ここは紅葉では有名で、11月に来た時はけっこう人がいたが、シュウメイギクを撮りにわざわざこんな山奥まで来る人はいないのだろう。

着いた時、拝観者が一人もいなかった。

そこで、階段の両脇に咲くシュウメイギクを充分に撮らせてもらった。

光が良くて、なかなか良かった。

次は同じ西山にある善峰寺へ。

ここは広大な境内を持つ寺で、いつ行っても花が咲いている。

しかし、今まで相性が悪く、何度も訪れているが良い写真が撮れていない。

今回は、いたる所にシュウメイギクが咲いていたので撮り放題だった。

境内は坂が多く、一周すると汗まみれになった。

天気も良く、気分が良かった。

ここの撮影を終えて、今度は北に向かい、貴船にある貴船神社まで行く。

シュウメイギクは別名・貴船菊とも言い、このあたりに多いらしい。

が、人が多く、シュウメイギクの撮影はちょっと食傷気味になっていたので、車から降りて撮る気にはなれなかった。

そこで、谷川沿いに車を止め、清々しい空気の中で昼食を食べることにした。

旅行中の昼食は、よくスーパーでコロッケと食パンを買い、ソースをたっぷりかけて食べる。

美味しい空気が最高のおかずなので、食べ物は別に何でも良いのであるが、このコロッケパンが実に下品な味で美味しいのだ。

そこで少し休憩してから、今日泊まる大原の浄蓮華院に向かう。

途中、花背峠ですすきを撮影し、道に迷いながらも4時頃に浄蓮華院に到着。

浄蓮華院は毎年泊まる宿坊で、住職と奥さんが作ってくれる精進料理が絶品なのだ。

10品くらい出る料理はどれも季節の新鮮なものを使い、いついただいても美味しい。

ここではさらに楽しみがある。

仏教漫画108巻が全部揃っているのだ。

妻が好きなので、僕もつられて読んでいるうちにファンになってしまった。

ひろさちや原作のこの漫画は、実に面白い。

美味しい食事をいただき、漫画を読みながらのんびりでき、おまけに安い。

ここは、僕達お気に入りの宿坊なのだ。