· 

神々しい光には不思議な力があるのかも?

電車の中で本を読んでいたら、臨死体験のことが書かれていた。

臨死体験では、みなが同じようにきれいな光に包まれ、その光の中で満たされた至福の時を持つらしい。

その時、閃いたのである。

なぜ僕の写真を見て、多くの人が癒されるかが・・・・。

可愛いシーンやきれいなシーンが多いだけでは、決して人を癒すまでには至らないかもしれない。

僕が大好きで、その一瞬を捉えた朝夕の光の中に、臨死体験で見る光に似た光があるのではないだろうか?

その光を捉えた写真の前で忘我の状態となり、その中に魂が入り込んだ人が、その瞬間癒されていくのではないだろうか?

小さな写真集ではその力は弱いが、神々しい光を捉えた大きなパネルの前では1時間くらい立ち尽くす人がたしかにいる。

ある種の光には、「本当の自分に瞬時に引き戻させる力」があるのでは?とふと思ったのである。

その光を見たとき、なぜ人は神々しいと思ったり、敬虔な気持ちになったりするのであろうか?