· 

山もっちゃんの来訪

今日は昼から稲田中学校区教育会議主催の講演会で講演した。

「サバンナから いのちと癒しのメッセージ」ということで1時間半話しをしたが、体育館の壇上から話したので、観客との一体感が得られず、どうも自分としては“のり”が悪かった。

こういった時は、理解されていないだろうな・・・・、と思い、ちょっと落ち込むのだが、終了後にいただいた感想文を見ると結構理解してくれていたようだ。

ちょっと一安心。

いつも思うのだが、講演は難しい・・・・。

夜、山元加津子さん(山もっちゃん)と小林正樹さんが家に遊びに来た。

山もっちゃんは、養護学校の先生で、すばらしい講演活動、執筆活動を続けている。

僕は、もっともっと彼女の活動が認知されることを望んでいる。

それほど素晴らしい活動なのだ。

詳しくは彼女のホームページを見てください。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/

彼女のメッセージは、「誰もがそのままでかけがいのない存在である」ということ。

人を差別しない菩薩のような人だ(本人は魔女になりたいそうだが・・・)。

とにかく人間としての“格”が違う。

彼女の前では、どんな人でも善人に変身し、どんな障害の人でも才能を開花させる。

彼女の弱点は方向音痴(僕もそうなのだが)。

一人で出かけるとすぐに迷子になってしまう彼女が、年間数十回の講演活動が出来ているのは、小林さんが支えているからだ。

彼はボランティアの付き人として、どこへでもついていく。

そのおかげで山もっちゃんはきちんと講演会場に行けるのである。

小林さんとは、彼が主催する「生命のシンフォニー」という会に僕が講演で呼ばれたのを契機に知り合った。

以前から2人に「家に遊びに来てください」と言っていたが、やっとそれが実現した。

今日は時間があまりなくて、もう少し話したい気分だった。

それにしても、山もっちゃんと話していると心が洗われて元気になってくる。

妻もすっかり2人のファンになった。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。