· 

今年の10大ニュース

今年1年を振り返ると、“待ち”の年だったように思う。

出版や大きな写真展がなく、次への展開への準備期間だった。

その分、来年は飛躍の年になりそうな気がしている。

僕個人の今年の10大ニュースをあげてみると、

1)1月~9月 赤旗新聞での連載

2)2月 アフリカツアーとその後の取材旅行 (良い写真が撮れた) 

3)3月 初めて中学生に向けての講演会をおこなう

     これを境に、自分らしく生きる大切さを講演会で話し始めた。

4)8月 アフリカツアーとその後の取材旅行 (良い写真が撮れた) 

5)10月 父三回忌

6)10月 医学関係の学会で写真展

7)10月 PHPから写真集出版決定(8月に森本編集長と出会う)

8)10月 サバンナクラブ小倉寛太郎・事務局長(山﨑豊子の「沈ま

ぬ太陽」の主人公)の死 人間の一生について深く考えさせられた

9)12月 来年の東京新聞・日曜版での連載が決定し、執筆にあけく 

れる

10)1年間で5回の京都・奈良への取材旅行

これ以外にも、講演会などを通じて、たくさんの人との出会いがあった。

そして、妻の協力のおかげで、たくさんの人を家に招待することができた。

来年は、いっそう人の輪を大切にしていきたいと思っている。

また、今年は9・11事件を含め、テロとそれに対するアメリカの暴挙が目だった年だった。

これは今後も続くだろうが、世界最悪のテロ国家アメリカの暴挙にはきちんと反対の意見をのべていきたいと思っている。

これから奈良に向けて出発する。

カウントダウンは妻の好きな長谷寺で・・・・・。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。