· 

血圧が下がった!

先日血圧を測って驚いた(アフリカに行っていたので、しばらく測っていなかった)。

下がっているのだ。

4年前、松島クリニックに勤務して初めての検診時に高血圧に気付き、以来、薬を服用してもずっと高かった血圧が下がったのである。

大学病院に勤務していたころの血圧は、ずっと上が120、下が80で、自分が高血圧になるなんて考えてもいなかった。

食事には気を付けていたので、循環系は大丈夫と過信していた。

それが検診では160の100。

ショックだった。

以後何度測っても、下は90以上であった。

たしかに当時異常なくらいのストレスにみまわれていた。

また、両親が高血圧なので遺伝ではしょうがないか、と一時あきらめていた。

そこでしばらく一番軽い降圧剤を服用していたのだが、なかなか下の血圧が90以下には下がらなかった。

それが最近は上が110で、下は80に下がっている。

今でもストレスは多いし、まだ寒い時期だし(寒いと血圧は高めになる)、どうしてだろうかと不思議だった。

いろいろと考えてみたが、思い当たることはひとつしかない。

それは、以前日記にも書いたのだが、水銀(義歯に使われたアマルガムから吸収される)が高血圧の一因(原因の一つにすぎないが)となるので、それを体外に排出するために去年末からコリアンダー(タイ料理によく使われる香菜で葉のみじん切りをスパイス売り場で買ってきた)とスピルリナ(商品名・リナグリーンという健康食品)の服用を始めたということである。

2ヶ月以上この2種類を服用しているが、これしか原因として思い当たらない。

それにしても、こんなに早く効果が出るとは思っていなかったので、嬉しかった。

やっと薬から開放される。

この併用は、全員に効くわけではないだろうが、自律神経失調と高血圧、もしくは心電図異常が現われ、アマルガムを使った義歯が入っている人は試しても良いかもしれない。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。