· 

この時期の引越し日の決め方と業者の選び方

4月に横浜に引っ越すので、引越し業者を探すことになった。

4月はもっとも引越しが集中し、日によって値段がまったく違うので、妻は10社に連絡し、見積もりを出さて競合させると言う。

(妻はこういった交渉が抜群に上手い)

そこまでしなくても・・・・、と僕は思ったのだが、結果としてはそれがとても勉強になった。

そこで引越し日の決め方と業者の選び方について、妻から教わったことを書いてみたい。

日時の設定

1)大安などの日は混み、値段が高いので避ける(日が悪ければ、その前に少しの荷物を移し、その日を引越し日にすれば良いと義理の母が言う。なるほどと感心した。)

2)3月末から4月初旬は混むので高くなる。数日たってから引っ越せば値段は半値まで下がることがある。

3)マンションやアパートでいっせいに入居する場合は、引越しが集中すると、遅く着いた場合は先に引越しをおこなっている人が終わるのを待たなければならない。半日以上待たされることもあるそうなので、とにかくすいた日を選んだほうが良い。

良い仕事をしてもらうために

1)混む時期はバイトが多くなる。その日限りのバイトを雇う所が多いので、要注意。責任感に欠ける場合がある。

(その日限りのバイトは雇わないと言っていた会社はごくわずかだった)

2)正社員(プロ意識がまったく違うらしい)のみでやってもらったほうが能率が良いので、そのためにもバイトの多くなる最混雑時は避けたほうが良い。

(うちの場合、リーダークラスの正社員だけでやってくれるらしい。)

3)少しの心付けで対応が大分違うらしい(妻の経験上)。

その他、細かなノウハウがあるが、このへんはまた引っ越してから書いてみたい。

ちなみに、うちが4月8、9日に引越し、同僚が4月4、5日で引っ越すが、同じおまかせパックで値段は倍違う。(僕らが4月4、5日で引っ越すとして見積もった時は、倍の金額の見積もりが帰ってきたので、引越しの規模は同じなのだろう)

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。