· 

スピルリナ

僕が毎日のんでいるサプリメントにスピルリナがある。

スピルリナとはフラミンゴが食べる藻のことである。

クロレラに似ているが、さらにビタミン、ミネラルが豊富で吸収が良い。

クロレラのように知名度はないが、完全栄養食品として評価されている。

しかし、栄養補給として摂取しているわけではない。

その理由は、体内にたまった重金属(水銀やアルミといった害のあるもの)や環境ホルモンを体外に出すためである。

これらのものが体内に蓄積されると、なかなか排出されない。

水銀が蓄積すると、高血圧、うつ病、自律神経失調、不整脈などがおきてくるらしい。

アルミニウムはアルツハイマーとの関連などが言われている。

環境ホルモンは、子宮内膜症、生殖異常や生殖器系の癌との関連が示唆されている。

スピルリナには、これらのものを体外に排出する作用があることが実験的にわかっている。

コリアンダー(タイ料理に使う香草)を併用するとさらに良いらしい。

この併用のおかげで、僕の高血圧は治り、自律神経失調症状もかなり軽減してきた。

今、食品が危ない。

添加物、環境ホルモン、重金属など何が入っているかわからない。

しかし、食べ物にあまり神経質になるのも嫌である。

こんなことを考えながら食事をしていたらまずくなってしまう。

しかし、あまり無防備なのもどうかと思う。

そこで僕は、せめて添加物の入っていないものをなるべく食べること、そして環境ホルモンや重金属を早く出すために(入らないようにするのは無理だろう)、スピルリナとコリアンダーの併用を心がけているのである。

この併用は、これから子供を生む若い女性には必要ではないか、と思っている。

第1子にこれらの蓄積したものの大半が移行するため、第1子にアトピーが多いとも言われているからである。

出産前に体外に出しておいたほうが良いのでは・・・・・。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。