· 

緊張感が欠けてきた理由

今日の外来は混んでいた。

午前午後で約70人、そのうち21人が新患だった。

午前の外来が終わったのが1時5分前。

5分間で食事をしてすぐに午後の外来を開始した。

このくらい混むとずっとしゃべりっぱなしで、最後には声がかすれ、肩が張って頭痛がしてきた。

患者さんが多いのは経営上良いことだが、これ以上多くなると質が落ちてくる。

今医療界は冬の時代なので、質を維持しながら、経営を安定させていくのは至難の業だと思う。

診療が終わってから麹町のボンカラーに、9月26日から始まる写真展に使うプレス用写真の焼き増しに行く。

6月から7月初旬にかけては、写真集の売り込みや講演で忙しく、写真展の準備が遅れていた。

そろそろ本格的に取り組まなければならない。

8月から9月にかけてアフリカに3週間行くので、その前にあるていどめどをつけておく必要があるからだ。

が、どうも緊張感に欠けているのを感じる。

他にやることが増えているために、写真展だけに意識を集中できないからかもしれないが、それだけではないような気がしている。

写真展は何回もやっているので、慣れとともに緊張感が失われていくのはいなめない。

が、表現にかける想いは確実に増している。

その面では成熟しつつあるように思う。

初期の緊張感のある力強さから、落ち着きに進化し、それが癒しにつながっていった。

最近では、もっと成熟した味を出せるようにならなければ・・・・、と思っている。

緊張感が欠けてきたのは、単なる慣れなのだろうか、それとも成熟なのだろうか。

この答えを次の写真展で証明しなければならない、と思っている。