· 

僕らは異色のカメラマン?

友人のカメラマン・大西さんが遊びに来た。

彼とは定期的に会い、写真に対する想いを語り合っている。

僕たちは、どんな場所でどんなシーンを撮ったか、ということを重要視していない。

どんな想いで撮ったのかを大切にしている(想いだけではだめで、クオリティが最高であることは言うまでもないが・・・・)。

だから、自らがシャッターを押さないロボットカメラの撮影は、記録写真としては良いかもしれないが、感動した時に想いを込めて押すことを大切にしている僕たちには邪道にしか思えない。

「その個人が、どう係わってきたかが大切だ」というのは大西さんの昔からの持論。

知り合って10年近く彼の一貫した意見である。

これは僕もまったく同感である。

僕自身はさらに、写真を撮るという行為を通して人間としてどう成長し、その人間がどう変わってきたかを重要視している。

作品のクオリティはもちろん重要であるが、それだけではだめで、自らの変化をも表現したいと思っている。

こうやって2人は、10年間ずっと語り合ってきた。

お互いが成長し続けていることを会う度に感じる。

技術偏重、売れる売れないを重視する写真業界のなかでは、僕たちは異色の存在なのかもしれない。