· 

写真集の様々な効果

前回の腸炎の特殊外来にきた患者さんの再燃原因は、家族の問題(娘との葛藤)だった。

高校に入ってすぐに学校にいかなくなった娘。

不登校の原因は、父親への反発だった。

憎しみにも近い反応に父親は戸惑い、ストレスをためていった。

そして、病状の安定していた腸炎は再燃した。

親子の関係はなかなか好転しなかった。

娘は毎日学校でカウンセリングを受けていた。

あるとき父親は、僕の写真集を娘に持たせてカウンセラーの先生に渡したらしい。

写真集がきっかけとなって、先生と娘は良い信頼関係ができていったとのこと。

その後、父親の努力が実り、娘と父親の関係が少しずつ回復していった。

それとともに安定していく父親の病状。

免疫が関与した病気の発症や再燃にストレスが大きな因子になっている。

とくに多いのは、家族関係と仕事のストレスだ。

その改善に僕の本が直接的、間接的に何度も役立ってきた。

そういった報告を受けるたびに大きな喜びに包まれる。