· 

突然のキャンセル

アフリカツアー参加者全員の飛行機の席はとれていたはずだった。

が、突然、全員がキャンセル、という信じられない事態がおきた。

日本の航空会社ならこんなことはないはずだが、さすがに中東の航空会社。

そんな信じられない事態がおきたのである。

こんなことは僕の30回以上のアフリカ旅行でも初めてだし、旅行会社・道祖神としても初めてらしい。

どうも飛行機が最初の予定より小さくなり、あきらかなオーバーブッキングになったためらしい。

しかし、それで全キャンセルして、予約を調整し直すなんて信じられない話だ。

そのおかげで一部の人はキャンセルされたままになってしまった。

二手に別れて別ルートで行いこうか、それともキャンセル組は行くのを中止にするのか、とやきもきし続けた1ヶ月だった。

だが、一度もツアー中止は考えなかった。

こんなに期待している人達の期待を裏切るわけにはいかないと思っているからだ。

道祖神も井上事務所も採算を度外ししてでも催行しようと考えていた。

そして今日、担当の築地さんのまさに血のにじむような努力で、やっと全員分の席が確保できたことが分かったのである。

築地さんは、あまりのストレスで会う度に痩せていき、声に力をなくしていたが、必死に頑張ってくれた。

さすがはプロ、頭が下がる思いだ。

大変だったが、これで道祖神や築地さんとの信頼関係は増し、さらに良い関係が出来ていくだろう。

たいへんな1ヶ月だったが、反面良いこともあった。

この事態が議題にのぼったときに、ある人は「自分の帰国が遅くなるのは構わないから」と言って、自分の席を他の人にまわそうとしてくれたり、先にケニアに入っていて、自分の最後の日程をツアー参加に当てていた人は「中止になっても自分の残りの旅はなんとかするので、無理はしないで欲しい」とこちらを思いやってくれたり、今回のメンバーの温かさに感動したことが何度もあった。

まさに、雨降って地固まる。

これだけの苦難を乗り切ってきたのだから、きっとよいツアーになるだろう、と思っている。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。