· 

出発前はいつもストレスいっぱい

僕が専門の一つにしている大腸内視鏡検査と内視鏡的ポリープ切除術は、リスクを伴う。

稀だが腸穿孔(全国平均で3000分の1)をおこすことがあり、そうなれば開腹手術が必要になる。

ポリープ切除術は1~2%の確率で出血する。

出血すると入院が長引き、出血がとまらなければ手術が必要になることも稀にある。

今の病院に来て、大腸内視鏡検査だけで5000件以上、ポリープ切除も1000件以上やってきた。

この症例数は一つの大学病院の2年分くらいに相当する。

それ以前も大学病院で同数くらいの症例を経験している。

これだけ経験していても、この合併症をゼロにすることは出来ない。

というか、ゼロに出来る人はいないのである。

これはいくら注意していても、万全をつくしていてもおきる。

だからアフリカ出発前2週間はナーバスになる。

事故が起きた場合、一人なら中止すれば良いのだが、ツアーをやっている関係上、行かないではすまされない。

たしかに、行けば楽しい部分もあるが、行く前後の仕事などのストレス、行っている最中の現地でのトラブルなど、いつも「なんでだろう」と思うくらいストレスが多い。

毎年「こんなにたいへんな思いをして行き続けるのだろうか」と自問していた。

だが、答えは明白である。

ストレスも多いが、それ以上に喜びが大きいからだ。

前に進むことはストレスを生む。

前に進まなければストレスは少ないが、喜びも少ない。

「いったいどちらの人生を選ぶか」と問われたら、僕は前に進む人生を選びたいと思っている。

そういう前向きの自分のなかには、必要以上にナーバスになりすぎている自分がいるのも事実である。

この相反するように見える部分があきらかに共存している。

それもどちらも強いかたちで・・・・・。

しかし、最近は「なるようにしかならない」と運命を受け入れられるようになってきたため、だいぶ自分にストレスをかけることが少なくなってきた。

だが、多少は心配になる。

出発まであと1日。

無事に出発できれば良いのだが・・・・・・。