· 

今日の一日と明日のラジオ出演

朝、病院の理事長が会いにみえた。

「お祝いに僕の写真を使いたい」との申し出だった。

嬉しいことに今勤めている病院の理事長も院長も僕の活動を応援してくれている。

ありがたいことだ。

今日は午前が上部内視鏡(食道、胃、十二指腸)、午後は大腸内視鏡検査の日。

疲れがたまっていたのか、内視鏡検査の途中で肩と背中がバリバリに凝ってきた。

だが、ヨガの日なので助かった。

自宅に戻り、坂下先生の1時間半のヨガ教室。

終わってすっかり元気を取り戻し、仕事にとりかかる。

今日は、来年から連載する「月刊・言語」の口絵写真選びと1月号の文章の仕上げ、そして11月から始まる写真展のレイアウトの作成とキャプションの並べ替え、さらにメールの返事(1時間はかかる)とやることが多い。

寝るのはいつも1時半から2時で、最近はテレビを見たり本を読んだりする時間もない。

まあ、こういった不満がでるのは嬉しいことではあるのだが・・・・。

明日は仕事が終わってから、NHKラジオのラジオ夕刊に出演するために渋谷に行く。

数年前に一度この番組に出演したことがあったが、今回も「編集長が選んだニュース話題」として、午後6時19分頃から31分頃まで出演する。

編集長の南直樹解説委員と「サバンナからのいのちの贈り物」という内容で対談する予定だ。

ぜひお聞きください。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。