· 

発芽玄米の効果

白米から発芽玄米食に変えて気付いたことがいくつかある。

まずは白米より硬いので良く咬むようになったこと。

そして食後に甘いものが欲しくなくなったこと、そして間食が少なくなったこと。

今までは、食事の時間が短く(仕事柄よく咬まないという悪い習慣が身についてしまった)、かなりの量を食べても食後に甘いものが欲しくなったし、間食もよくしていた。

高カロリーの食事をしても食後に甘いものが欲しくなるのは、血糖が急速に上昇するためにインスリン(血糖値を下げるホルモン)が過剰に分泌し、急速に血糖が下がるためだろう。

血糖が下がるからまた甘いものが欲しくなる。

高インスリン状態は、脂肪合成を促進し、太る原因になるので、なるべくインスリンの分泌が少なくなるような食事が好ましい。

玄米食に変えると、血糖の上昇が緩やかになり、インスリンの分泌も少なくなるので、肥満防止になるといわれている(低インスリンダイエット)。

発芽玄米食(玄米食でも)は、1)栄養学的白米より優れている 2)よく咬むようになる 3)総摂取カロリーが減る(ゆっくり食べ、間食や食後のデザートの摂取量が減るので) 4)高インスリン状態にならない という良いことずくめ。

発芽玄米は、玄米食よりもさらに栄養学的にすぐれ、吸収も良い。

ということで、ぜひ発芽玄米食を続けていきたいと思っている。