· 

絶対お勧め 映画『戦場のフォトグラファー』

映画『戦場のフォトグラファー』を見た。

実在の写真家・ジェームズ・ナクトウェイを主人公にしたドキュメンタリー映画である。

彼は世界中の戦地に赴き、戦争の悲惨さ、無意味さを訴え続けてきた。

また、貧困や飢えの現状を伝え続けてきた。

何度も大きな賞を受賞している彼の写真はもちろん素晴らしいが、朴訥とした彼のメッセージのなかにいくつも共感できる内容のものがあった。

「どうやって人の脚を吹き飛ばすのかを、一度でいいから自分の目で見ることができたなら、と思うことがある。もし誰もが、自分の目で、恐怖と悲嘆をただの一度でいいから見ることができたなら、何千人どころか、たった一人の人間にさえ、そもそもそんな状況に立たせる価値などないことなど理解できるだろう」という彼の言葉。 

しかし、当事者以外のほとんどが対岸の火事としてしか見ていないのが現状だろう。

それを伝え、この世から戦争がなくなるために活動しなければならないという殉教者のような意思で彼は写真を撮り、伝え続けているのだ。

彼は、戦争の悲惨、無意味さをもっと知ってもらい、皆のなかに眠る「戦争はいけないものだ」という感情を引き出し、それぞれが行動して欲しいと思っているのだろう。

だから彼は戦争の写真家ではなく、反戦写真家であり、それ以前に平和主義者であり、善の人なのだ。

しかし、個人が出来るのはそこまでで、後は各人で感じ、行動すべきなのだ。

それでも、「引き金になることは出来る」ということを彼が行動で実証してくれている。

だが、彼も大きな悩みを抱えながら撮影している。

「写真家として最も辛いのは、他の誰かの悲劇で得をしていると感じることだ。この考えは常に私につきまとう」という悩みだ。

どう見ても彼は善の人だと思うのだが、やっかみから非難する人もいるのだろう。

それに対して、「個人的な野心を優先すれば、魂を売り渡すことになる。人を思いやれば人から受け入れられる。その心があれば私は私を受け入れられる。」と言う。

素晴らしい言葉だ。

これはすべての写真家、たとえ相手が動物であろうと同じことが言えるのだろうと思う。

僕自身も撮るために手段を選ばなくなった時は、カメラを捨てねばならない、と戒めている。

また、彼の「私は写真を通して自分を知ろうとしている」という言葉、まさに自分自身にも当てはまると思った。

とにかく、彼のメッセージを一人でも多くの人に見て、聞いてもらいたいと思った。

ところが、今日行った関内MGAの観客は僕たち夫婦以外1人だけだった。

朝一番の上映ということもあったが、情報が行きわたっていないのだろうか。

残念だ。