· 

玄米パワー

今日は朝から忙しく昼食の10分間以外はまったく休みがなかった。

それでも必死に頑張って、なんとか17時過ぎに病院を出ることができた。

車検のために車を営業所まで運ばなければならないからだ。

ナンバープレート変更や以前追突された傷の直しの手続きや値段の交渉などをして18時に営業所を出て銀座に向かう。

いつも現像、焼付けをしているシグマラボに行き、大きな写真にサインをするためだ。

帰宅したのが20時過ぎ。

これから執筆をしてからアフリカの準備に入る。

一日走り回るような生活だが、最近疲れないのは、あきらかに玄米効果だ。

もうすっかり玄米(うちでは活性化させた玄米か発芽させた玄米を食べている)に慣れてきた。

玄米にしてから、間食はしなくなり、身体はいつも温かく、軽くてよく動く。

便通もよくなり、よいことばかりだ。

昨日たまたま白米を食べたが、その後すぐに眠くなり(玄米では眠くならない)、とても疲れただけでなく、すぐに甘いものが欲しくなった。

いかに白米が身体によくないのかを実感している。

亡父が糖尿病だったので、僕にもその素因があり、その予防のためにも続けていきたいと思っている。

それにしてももっと早くこのよさを知っていたら、父にも食べさせてあげられたのに・・・・。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。