· 

生きがい

去年の写真展に何度も来てくれた青年がいた。

いじめられて苦しんでいた時に図書館で僕の写真集『Love Letter』を観て、癒され、救われたと言っていた。

だが、まだ乗り切っていなかったのだろう。

ちょっと暗い顔をしていた。

今回の写真展でもきっと来てくれるだろうと待っていた。

彼は僕が覚えていないと思っていたようだが、そんなことはない。

何度も来てくださる人の顔はだいたい覚えている(会話しないと思えられないが・・・・)。

だが、結局2週間会えなかった。

最終日パネルを片づけている時に彼がふらりと現れた。

「7時までじゃないのですか・・・・」

時間を間違えていたようだ。

「でも先生に会えてよかった。新しい写真集Symphony of Savannaは本屋で買います」と言って帰っていった。

表情は昨年よりはるかに良かった。

「去年より元気そうだね」と言うと、にっこりうなずいた。

僕の写真集を観て、人生が変わったと言ってくださる人がたくさんいる。

そういった反応が僕の生きがいになっている。