· 

60回目のアフリカ取材

10日夜にタンザニアの取材旅行から帰ってきた。

今回ほど素晴らしい旅はなかった。

60回の旅で最高であった。

シーンは凄かった。

念願のライオンのシマウマハンティングの素晴らしい写真が撮れた。

ライオンの母親が子供をくわえて歩くシーンもアップで撮れた。

チーターの親子(子どもは2~3週間)もアップで撮れたし、ヒョウの親子も見た。

風景的写真でもよいのが多く、素晴らしい虹や雲バックの写真も多かった。

ゾウもよい写真が撮れたし、朝焼けのフラミンゴも神々しいのが撮れた。

しかし、それ以上に良かったのは、同行した写真家・デザイナー・音楽家の瀬尾拓慶君の撮影に接することができたことだ。

60回を契機に自分の弱点を克服するというのが今回の大きなテーマだった。

新しいスタートだと思っていた。

自分の弱点はたくさんある。

撮影技術(ふだん日本で撮っていないのであきらかに練習不足)

カメラの機能の理解不足(今まで興味がなかったし、勉強不足だった)。

超望遠で撮ることが多いので、視野が狭くなっているし、構図がパターン化されている。

画像処理に対する勉強不足。

などなど・・・・。

それでも勝負できていたのは、光に対する感受性が人より優れ、多くの素晴らしシーンに巡り合えてきたからにすぎない。

それは執念とよみの結果だと思っている。

瀬尾君は写真家になって1年。

だが基礎がまるで違う。

両親ともに美大出のサラブレット。

美大で空間デザインを学び(構図に生きている)、フォトショップを自在に操り、光に対する感受性は天性のものがあり、繊細な光を写し取るだけの才能と技術を持っていたし、そのための努力を惜しまなかった。

最初から「こいつはただ者ではない」と思っていたが、2週間撮影を共にして、彼の構図の斬新さとカメラの機能を最大限に使いこなしている技術の確かさに、自分に足りないものをみな持っていることに気づいた。

とてもよい刺激になり、僕の心に火が付いた。

瀬尾君と僕では描こうとしているものが違うので、彼と同じものは求めていないが、自分の中で足りなかった部分を補うにはどうしたらよいかの答えがほとんど見えてきた。

どれもが努力によって早晩克服できるはず。

写真が一段と面白くなってきた。

あと数年で井上の写真が変わってくるでしょう。