· 

やっと写真を観終わった

今回のアフリカは成果が大きかった。

撮るものも多く、才能豊かで発想の柔軟な瀬尾君と一緒で楽しい旅だった。

食事時間もついつい話し込んでしまい、現地で写真を整理する暇がなかった。

(いつもは一人なので、もくもくと食べ、早く部屋に戻り、整理をしていた)

今まではだいたい90Gくらいの容量の写真を撮っているのだが(5000回くらい押して、4000枚くらい残す)、今回は3倍の量だ。

いかに良かったかが分かるだろう。

現地でも忙しくて写真の整理もできず、きちんとチェックもできたいなかった。

帰国の診療は当然だが、忙しかった。

昨日ようやく一通り写真を観終わったが、すごい内容だ。

ライオンのシマウマ狩り(追っているところと捕まえたところがばっちり)、ライオンのカバの狩り、シマウマとスコール、ヌーの大群とダブルレインボー、きれいな光の中のワシミミズク、ンゴロンゴロクレーターの美しい花と光の中の動物たち、ゾウの行進(よい光)、ゾウの水飲み、チーターの親子(生後2~3週3匹)、最高に美しい雄ライオンの走る姿と凛々しいアップ、コピエ上のライオン、オレンジや赤く染まる日の出の湖とフラミンゴ、花畑のクロサイ、ライオンの母親が子供をくわえて運ぶシーン、ライオンの子どもたち、ヒョウの親子などなど。

今回の旅では課題もたくさん見つかった。

広角系の構図の単調さ。

色の出し方の工夫のたりなさ。

カメラ操作の未熟さなどだ。

そして、その解決策も見えてきた。

次回には大部分が克服できそうだ。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。