· 

帰国から1か月

アフリカから帰国して1か月以上たち、生活ももとの状態に戻ってきた。

診療のほうは、この時期、患者さんの数は比較的少なく落ち着いている。

ときに混むが、空いている日もけっこう多い。

開業以来ずっと右肩上がりで患者さんが増えてきたが、昨年後半から少し減り始めている。

今まではとくに宣伝はせずに口コミでの来院が本筋と思ってきたが、少し考えなければならない時期に来ているようだ。

取材の写真は整理が終わった。

予想通り、出来はよかった。

60回目の旅であったが、ベストであることは間違いない。

瀬尾君のおかげで新しい視点を得られたことも収穫だった。

今までは感じることを優先し、写真はあまり考えずにシャッターを押しているだけだったが、シャッターを押す前に、今まで以上にどう創ろうかと考えるようになった。

次のアフリカは来年のゴールデンウィークと思っていたが、今回得た感覚を試すために、また次作の足りない写真を補うために、9月に再訪することにした。

次作はまだ正式決定ではないが、命の本を想定し、企画している。

前回の写真Symphony of Savannaは写真メインなので、いのちについて十分に伝えきれていない。

今度のは文章主体の写文集になる予定。

文章はこの2週間でほぼ書き上げた。

『生命、命といのち』の深遠さ、僕らの生きる意味について伝えられるのではいか、と思っている。

骨盤骨折で入院している90歳の母は驚異の回復で、一人でトイレに行けるまでになった。

先週は外出で歯科受診した際にブリッジを落とされてしまい、救急病院でCTやら緊急内視鏡での異物除去術などたいへんだった。

しかし、少しずつだが退院が近づいているようだ。