· 

健康番組を信じない NO1

「何々が体に良い」とさまざまな健康番組がいろいろなことを言っている。

もちろんそれを全面的に否定する気はないが、それらの番組で決定的に欠けているところがある。

それはわれわれが日本人でるという視点と、おなかが弱い人は栄養学的によいものでもよくないことが多いということだ。

それらのうちうちのクリニックでよく経験することを書いてみよう。

①乳製品1 牛乳

日本人の多くは乳糖不耐である。

牛成成分の中の乳糖をきちんと分解できないのだ。

ひどい人は下痢になるが、軽い人はガスがたまる程度なのだ。

骨を強くしようと思って牛乳を飲み、ガス(おなら)が多いと悩んでいる人が多い。

牛乳が骨を強くすのはかなり懐疑的である。

リンが多すぎるのだ。

リンを付加するとカルシウムは体外に出てしまう可能性がある。

日本人は小魚,海藻、大豆製品などでカルシウムをとってきたのだ。

牛乳は、積極的には飲む必要のないものなのだ。

とくにおなかの弱い人は。

②乳製品2 ヨーグルト

誰もがヨーグルトが体に良いと思っている。

牛乳より発酵させてある分、消化はよい。

乳糖不耐でも少量なら問題ないだろう。

しかし、量が多いとおなかの不調の原因になる。

ヨーグルトをたくさん食べてガスが多くて悩んでいる人もよく見かけ、やめることで速やかに改善する。

③オリーブオイル

オリーブオイルは良い油として通っている。

だが、おなかの弱い僕にはこれはとても刺激だ。

そういう患者さんも少なくない。

少し量が多いと下痢するし、少なくてももたれるしガスがたまる。

米食、油の少ない食事をしてきた日本人にはいくら体によいと言ってもオリーブオイルは刺激的なのだ。

おなかの強い人でもとりすぎは禁物。

日本人はヨーロッパ人とは違うのだ。

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。