· 

いのちと癒しのメッセージ

8月1日に講演をおこなった。

木更津の養護教員たちの会の勉強会だった。

テーマはいのちと癒し。

このテーマについて考えつけて20年以上。

この難解なテーマに自分なりの考えが構築できたと思っている。

しかし、いのちの本質を理解することはとても難しい。

伝えるのはもっと難しい。

推敲を重ね、1時間の講演でそれを伝えられる内容には仕上がったが、はたして理解してもらえたか・・・。

いのちは狭い視点では自我に縛られているが、広い視点で見るほどに愛(慈悲)に近づくのだ。

そして、人は成熟するにしたがい、広い視点を持ち、深く自らを癒すことができるようになるととともに本当のいのち近づいていける。

それらの意味を科学的に哲学的に説明できるようになってきた。