帯状疱疹

 

初めて帯状疱疹になってしまった。

 

きっかけはタンザニア取材に出国前の忙しさだった。

 

7月出版予定の本のゲラが3月いっぱいにできる予定だったが、手元に届いたのは414日。

 

出国までの1週間で校正しなければならず、そこで無理をした。

 

さらに体がこわばったままエコノミーの狭い席でさらに消耗したのかもしれない。

 

タンザニアのアル―シャに着いた夜、背中が痛くて目が覚めた。

 

翌日、ンヅツウでも「ベットが合わないのではないか(いつも同じ部屋の同じベット)」、というほど背中の痛みで眠れなかった。

 

だが、これは筋肉痛で神経痛ではなかった。

 

でも前兆だったのだろう。

 

サファリも抜群によく、かなりハードだった。

 

4日目に右胸部に発疹が20個ほど出た。

 

ただ痒いだけで、いつものダニか、と思っていた。

 

さらに3日ほど痒みのみが続いた。

 

そこからしびれが始まり、帯状疱疹と合点した。

 

結構痛いだけでなく、胸部以外に背部も出ていたので座席でこすれた。

 

悪路による振動は激しく、だんだん痛みは増していった。

 

当然、こんな展開は予想していないので薬は持っていない。

 

ほとんど飲んだことのない痛み止めを飲まなければならないほどの痛みだった。

 

帰国後も痛みは続いているが、鎮痛剤を飲めば仕事ができないほどではない。

 

ただ抗ウイルス薬を飲んでいないので治るとしても3週間。

 

へたすると数か月かかり、後遺症が残るリスクもある。

 

しばらくは無理はできない。

 

 

 

 

 

 

 

横浜市内のある小学校から、出張授業を頼まれた。

1~2年生が対象と聞き、「難しいです」とお答えした。

1~2年生は僕にとっては宇宙人。

どこまで分かるかまったく想像できないからだ。

ふだん小学校で出張授業を頼まれるときは、5~6年を対象に自然界のバランスをするが、それは難しすぎるだろう。

しかし、担任の先生の熱意に動かされ、受けることになった。

テーマは動物親子と群れの話。

チーター、ライオン、ヌー、ゾウの親子のエピソードや群れでの生活をスライドで紹介しながら30分の授業をおこなったが、2年生はテレビの影響なのか、動物好きの先生が普段教えているのか、その知識にびっくりした。

ほとんどの質問に答えるではないか・・・・。

みな熱心に聞いてくれたので、多少は役だったのではないか、と思っている。

終了後、1年生のエスコートで教室に行き、子どもたちが全員で僕のために劇を演じてくれた。

素晴らしい出来にちょと感動。

でも、さらに感動したのは先生の熱意だった。

実はこの学校は廃校になるらしい。

その記念に子どもたちのために何かをしたいという先生の熱い思いに胸が熱くなった。

12月には校庭に移動動物園を呼ぶらしい。