· 

タンザニア取材日記 5月3日

 

帯状疱疹がやや広がり、痛みがでてきた。

 

気分が滅入るが、中野先生がいてくれるので心強い。

 

6時出発。

 

今日はツェツェバエ林を往復するのが嫌なのでフルデイサファリにする。

 

動物が少ないせいか、ツェツェバエの攻撃がひどい。

 

まずはマガディ湖で日の出とフラミンゴを狙う。

 

光はいまいちだった。

 

けっこうロッジから遠く、日の出の時間に行くには5時半に出なければならない。

 

その後セレナ地区をサファリ。

草が高くて動物が少ないのでまずはセロネラの中心をサファリ後に草の低い南のゴルコピエに行く。

 

撮ったのはコピエ上のライオン、ヌーの大群(今まで見た中で最高)くらいだった。

 

ヒョウやチーターもいたが絵にならなかった。

 

今回は時間の関係でヒポプールには行けず。

今日は不調。

 

6時半にロッジに戻る。