· 

ライオンは怖くない

児童文学系の雑誌『飛ぶ教室』(光村図書出版)の編集者から恐怖についてのエッセイ執筆の依頼があったのは3月終わり。4~5月のアフリカ取材中に書き上げたそのエッセイが載った雑誌が7月25日に発売になった。

 

以前タンザニア・セレンゲティ国立公園の原野のキャンプに泊まっていた時、星空を撮ろうと思って外に出ようとした瞬間、数メートル前を走り去る4頭のライオンをみて恐怖におののいた。だが、私をエスコートしようと外で待っていたマサイ族の青年は、まったく恐怖を感じていなかった。なんという両者の違いだろう。その時の経験と、数年前まで私を襲う原因不明の不安発作の意味と対策を中心に書いた『ライオンは怖くない』というエッセイ。

興味のある方はお読みください。