· 

ショーペン・ハウワー

 

クリニックの患者さんからショーペン・ハウワーの翻訳本をいただいた。

 

鈴木芳子訳『幸福について』と『読書について』だ。

 

ひじょうに読みやすく、ショーペン・ハウワーの哲学を知るにはうってつけの本だった。

小気味よいほどの正論だ

しかし、「こんなに分かってしまったら、さぞ孤独だったろう」とも思った。

晩年、評価され、後世に残ったからまだ救われるだろうが、普通ここまで正論をはくと嫌われる。

それを恐れずに、おこなったから後世に残ったのかもしれないが・・・・・。

 

 

その鈴木さんと2時間ほど話す機会があった。

『マイシャと精霊の木』をすでに読んでいてくれたために、生命哲学でひじょうに盛り上がった。