· 

タンザニア取材日記 4月23日

5時起床。

けっこう雨が降っている。

6時半から朝食。

ここはいつもの簡素な朝食だ。

スタッフがレスオイルを理解してくれて、オムレツは本当に油ほとんどなしだが、きれいに作ってあった。

今回はおなかのために、レスオイルとガーリック抜きでいくつもりだ。

8時に出発。

アル―シャタウンの森にはトキコウの大群が営巣。

凄い数だ。

撮影したかったが、光が悪く、あまり撮れず。

帰りもここを通るので期待しよう。

 

11時半にンゴロンゴロのゲート到着。

すごく蒸し暑い。

途中までけっこう雨が降る。

ンヅツウに向かう途中キリンの群れを撮影。

2頭の小さな子供がいて、空もそれなりだが、ベストショットには程遠い。

3時過ぎにンヅツウ地域に入るが、ヌー、シマウマが少ない。

というか少なすぎる・・・・

しかし、道は水浸しで、今日か昨日に相当降った様子。

ヌーが戻ってくれば良いのだが(後日、戻ってきて、とてもよい状況になった)。

今日はライオンを含め、猫族はまったく見れず。

こんなことは珍しい。

撮ったのはハヤブサ、チュウヒワシ、コビトハヤブサくらい。

動物は少ない。

夕陽は最高だったが、いつも粘ってくれるドライバーは粘ることにしロッジに戻ってしまった。

まあ初日だ。

焦らず行こう。