· 

タンザニア取材日記 4月24日

昨晩は悪寒がして、心配したが朝には改善。

6時に出発。

天気が悪く、全天の雲で、光がない。

霧とダチョウの群れを撮る

8時頃にライオン発見。

2頭のメスと3カ月前後の子ども7頭だ。

枯れ木の上に登ったり、降りたり。

木の形がよかった

その後マチチ地方に遠征する。

ヌーは多少いる。

チーターが昨日いたらしいが、本日は見れず。

11時過ぎに朝見たライオン家族の所に戻る。

子どもたちは母親のそばで寝そべっていた。

そのうち木に登り始めた。

撮影しているとヌーの群れがやってきた。

母親は腹ペコで、狩りの態勢に入るが、失敗だった。

12時半にロッジに戻る。

 

 

午後のサファリは3時半から。

カーパークに着くと、ドライバーが「ヘビを見るか」と聞く。

「YES」と答える

スタッフハウスに向かう道に4人ほどのスタッフが立っている。

あれだな。

行ってみると大きなバケツの中に猛毒のパファダーの中型のものが1匹。

蝮の親玉のようなヘビで、牛をも殺すらしい。

まだ生きている。

ここでは見つけても殺さないらしい。

少し遅れてサファリに出発。

メスライオンが道端で寝転んでいるのを発見。

乳首が大きい。

「子どもがいるはず」というと、ドライバ―も同意見。

その後、朝に見たビックマーシュプライドのメス2頭と7匹の子どもの所に行く。。

木の所で遊んでいる。

これは凄い。

しばらく撮ってから、先ほどのメス2頭が子供を呼ぶだろうと戻ることにした、

しかし、よく考えると、子どもがいるのではなく、妊娠中なのかもしれない。

ドライバ―と相談したが、やはり子供はいないだろうという結論に達した。

また7頭の子どものところに戻ることはできるが、ここで日没を狙うことに。

ただまだ6時前。

太陽の位置が高い。

 

見ているとだライバーは反対側の鳥を見ている。

Double Banded Courserという小さな鳥。

抱卵しているようだ。

撮ろうと思ってみると、その周囲は一面ガゼルの糞だらけ。

「なんでまた?」と思ったが、どうも卵をその中に置くことで目立たなくしているのだ。

なんと利口な・・・・。

というか鳥の神経回路の複雑さは人間並みだそうだ。

興味深いものをみせてもらった。

再び日没に集中。

日没前の光と2頭のメス、日没と光る川、1頭のメスが座って糞をしながらあくびのシーンなどが撮れた。

どうも疲れると寒気がする。