· 

タンザニア取材日記 2019年4月29日

6時出発。

昨日見たリカオンの場所まで1時間。

日の出はすばらしく、湖に行っていたらと思うのだが、リカオンが撮れるチャンスはそうないので、湖は断念。

移動途中、ヌーの行進と群れが水面に写りこむ姿を撮る

リカオンはなかなか見つからない。

4時間探すが、結局見つからず

12時半にロッジに戻る

 

午後は3時半からだが、昼休みに部屋の前で巣作りをするハタオリドリを撮影

つくりたての巣は、新鮮な草を編み込んでいるのでみどり色をしている。

草を1本ずつ運んで来ては、編み込んでいく。

器用なものだ。

草をくわえて巣の下を飛ぶシーンを撮ったが、1250分の1でも被写体ブレ。

条件を変え、明日も挑戦しよう。

サファリに出てンヅツウ湖がみえる丘でサーバル発見

草むらに入ったので、出てくるのを待ったが、結局みつからず。

30分ほど粘るが断念した。

その後、ライオン家族のもとに向かう。

子どもを撮っていると、群れは移動し始めた。

しかし、ばらけてしまい、写真は今一つ

光もない

それなりに使えるのが数枚程度。

6時すぎに母親がヌーの群れを発見。

どんどん近づいていく。

間違いなく狩りをするだろうが、光がまったくない。

そこでタイムオーバー

ロッジに戻る。