· 

『マイシャと精霊の木』朗読会

地元綱島にある夢工房だいあん。

不動産屋なのだが、小さなギャラリーが併設されている。

そこから写真展を依頼され、10月19日からおこなっている。

10月20日は、会場で『マイシャと精霊の木』朗読会をおこなった。

朗読が苦手なので、うまい人にお願いし、僕は後から解説を加える形をとった。

こういう形だと、聴いている人の理解度がよく分かる。

マイシャのいのちの内容は、分かる人には当たり前なのだが、脳と言葉に毒された人には難しいのだろう。

本来、生と死を含め、すべては移ろいゆくものだ。

しかし、われわれの脳は、その流れを区切ることで理解しようとする(だからわれわれの人生には生と死があるように思える)。

言葉にした瞬間に、その流れは止まってしまうのだ。

そして、本質が見えにくくなる。

だから、感じることで補うしかないのだ。

これを言葉で伝えることは、とても難しい・・・・・。