· 

当院の感染対策

当院における感染症対策は以下のようにしている。

多くの施設で新型コロナウイルス蔓延以後にこのような対策がとられるようになったが、実は感染症はたくさんあるのだ。

もっと前からこのような対策がとられていれば、その他の感染の軽減にも役立っていたのだろう。

コロナを契機によりよい対策ができたと思っている。

①密閉回避のための換気

②高性能空気清浄機の設置・増設

待合室の数をできる限り少なくして「密集、密接」を回避(混雑時は診察まで院外での待機)

④かぜ症状のある患者さんは事前に連絡を頂き、診察時間を調整

⑤かぜ症状のある患者様は待合室、診察室を隔離

⑥ソーシャルディスタンスの確保

⑦院内でのマスクの着用

⑧受付のビニールカーテン

スタッフの検温、倦怠感などの症状があれば自宅待機の徹底

内視鏡検査に対しては、術者はフェイスシールド、ガウン、手袋、マスクを着用し、患者さんにもマスクの着用をお願いしている。

当然、感冒症症状がある場合は検査を中止もしくは延期している。

 

 実際コロナ疑いの人は過去に数人しかいない。

その全員、受診させずに電話対応にしている。

このようにコロナ疑いや風邪症状の人の外来は、受診させずに電話対応にしている。

風邪や扁桃腺炎と判断した場合は、対症療法の処方を出して(家族等が取りに来る)、自宅で様子をみてもらっている。

急性胃腸炎と電話で判断した場合は、時間をずらして受診してもらっている。

 

コロナを少しでも疑っている人は、紹介状を書き、市立井田病院の発熱外来に紹介している。