日記 · 2018/08/08
ある患者さんから『マイシャと精霊の木』を読みましたと告げられた。 「ロマンティックな本ですね」と彼は言う。 ロマンティックですか? そういう本ではないのだが・・・・・。 その患者さんは、数年前の80歳近くの時に、うちのクリニックで胃がんが発見された。 すでに現役を引退していた彼は、手術をかたくなに拒否した。...
日記 · 2018/07/24
児童文学系の雑誌『飛ぶ教室』(光村図書出版)の編集者から恐怖についてのエッセイ執筆の依頼があったのは3月終わり。4~5月のアフリカ取材中に書き上げたそのエッセイが載った雑誌が7月25日に発売になった。...
日記 · 2018/07/21
7月20日『マイシャと精霊の木』が発売開始になった。 日吉の天一書房さんは、破格の取り扱いをしてくださっている。 感謝・感謝。 発売初日だが、アマゾン売り上げランキングで以下の通り。 Amazon 売れ筋ランキング 2位 ─ 本 > アート・建築・デザイン > 写真 > 写真集 3位 ─ 本 > アート・建築・デザイン > 作品集 4位 ─ 本 > アート・建築・デザイン >...
日記 · 2018/07/18
自分のクリニックのある綱島駅前にある天一書房に行ってきた。 7月20日発売の私の写文集(写真絵本)『マイシャと精霊の木』を先行販売してくれているので挨拶に行ったのだ。非常に良い場所に平積みになっていて感激した。...
日記 · 2018/07/16
7月20日発売の私の最初の写文集(写真絵本)『マイシャと精霊の木』は以下の6章からなっている。 ① プロローグ ② あるボスライオンの物語 ③ 植物と動物、そしてバランスの物語 ④ 命の物語 ⑤ 光と闇の物語 ⑥ エピローグ 2章の『あるボスライオンの物語』で言いたいのは、ライオンの生きる厳しさだ。...
日記 · 2018/07/11
初の写文集(写真絵本)『マイシャと精霊の木』は7月20日発売であるが、自ら購入した分が送られてきた。 雑誌、新聞等で紹介してもらうために、発送準備に入っている。 また、休みの日は、自ら売り込みのために何か所かまわり始めた。 読んでもらった反応は上々だ。 しかし、1800円(税別)の本である。 待っているだけでは売れるわけがない。...
日記 · 2018/06/24
写真集はすでに4冊出してきた。 写真絵本(文章は他の人)も10冊出版してきたが、それらの形態では自然から学んだメッセージを伝えきれないと思っていた。 今回初めて文章をメインとした写文集(写真絵本)を創ることができ、7月20日に光村図書出版から発売される。 自然やいのちは, なぜ大切なのだろう。 この地球で,...
サファリ日記 · 2018/06/05
今日は午前中サファリをしてンゴロンゴロクレーターのセレナロッジに向かう。 日の出は良かったが林の中。 アカシアキャンプは日の出を撮るには適さない。 次回から変えよう。 7時過ぎにマガディ―湖に到着。 コフラミンゴとオオフラミンゴの群れが分かれて隣接。 バックの色も良かった。...
サファリ日記 · 2018/06/04
帯状疱疹がやや広がり、痛みがでてきた。 気分が滅入るが、中野先生がいてくれるので心強い。 朝6時出発。 今日はツェツェバエ林を往復するのが嫌なのでフルデイサファリにする。 動物が少ないせいか、ツェツェバエの攻撃がひどい。 まずはマガディ湖で日の出とフラミンゴを狙う。 光はいまいちだった。...
サファリ日記 · 2018/06/01
昨晩回らアカシアキャンプに宿泊中 今日は朝6時に出発。 雲が多く、光がない。 いきなり路上にライオンの群れがいた。 7頭のメスと10頭の子ども。 寝たり、お乳をのんだり、活性は低かったが、道路の茶色とライオンの褐色の渋い写真になった。 その後光が回ってきてからは、蛇行する道路と周囲の緑をバックに群れを撮る。 これは今までにない写真で面白い。...

さらに表示する